>イチオシ情報>トイレ水漏れが起こる原因とは?トラブルを未然に防ごう

トイレ水漏れが起こる原因とは?トラブルを未然に防ごう

配管

用を足した後に流した水が止まらない現象も、トイレ水漏れでは多いトラブルかと思われますが、この原因は複数考えられます。その前に水洗トイレで水が流れる仕組みですが、これはフロートバルブと呼ばれる物を持ち上げることで、タンクにためた水を流せる構造になっているのです。そしてフロートバルブはタンクのレバーとチェーンで連結されているのですが、稀にチェーンが絡まってフロートバルブが元の位置へ戻らない場合があります。上に引っ張り上げられた状態では、タンクの底にある水の出口を覆えませんので、水が漏れ続ける次第です。それ以外ではフロートバルブの傷みが考えられ、もしもフロートバルブを長年交換していない場合や、1回も換えていないといった場合は、劣化が原因と考えて良いでしょう。

そんな時は水漏れ補修業者へ連絡すれば手早く直してくれますが、ことのほか簡単ですので、自力で対処する方法を知っておいても損はありません。特にチェーンが絡まっただけの場合は、トイレタンクのフタを開け、チェーンの絡まりを元に戻すだけで完了です。わざわざ業者を呼ぶほどの水漏れトラブルではありませんから、自分で解決した方が早いかと思われます。そして、フロートバルブが劣化している状況でのトイレ水漏れですが、実はこちらも自力で手軽に直せるのです。フロートバルブはDIY商品を取り扱うホームセンターなどで販売していますので、同規格の物さえ購入できれば、交換修理できます。交換する時は先ず始めにトイレの注水栓を閉め、それから古いフロートバルブを取り外し、新しい物をタンクに設置しましょう。タンクのレバーとチェーンでつなぐ時は、これまでの感覚で水を流せるようにチェーンの長さを調節するのがコツです。フロートバルブはゴム製で、タンク内にフックで引っ掻けるだけの簡単な構造ですから、多分どなたでもできるのではないでしょうか。また、劣化する前にフロートバルブを交換しておきますと、未然に水漏れトラブルを防げます。

工具