苦しみから逃れたいなら逆流性食道炎を改善しよう

生活習慣や食生活を改善

婦人

根気よく薬を続けましょう

逆流性食道炎は、胃酸が食道に逆流してくる病気なので、げっぷの回数が増えたり、吐き気や胸やけなどの辛い症状が見られる病気です。胃の粘膜には強い酸から守る働きがありますが、食道には保護機能がないため、強い酸が原因で様々な不調が見られるようになります。辛い症状を改善するためには、胃腸科に通院をして、きちんと内服薬を処方してもらう必要があります。医師から処方された薬を続けることも大事ですが、逆流性食道炎を改善するためには、生活習慣や食生活を見直すことも大事です。就寝をする時は枕を高めにすると、胃酸の逆流を防ぐ効果があります。日頃から猫背などの悪い習慣のある人は、背筋を伸ばすようにしたり、体を締め付けるベルトや補正下着などは使用を控えるようにして、ゆったりとした衣類を着用することも大事です。逆流性食道炎の症状を改善するためには、油脂を多く含んでいる肉類やバターなどを控えるようにしたり、生クリームなどが使われている洋菓子などは、胸やけの原因になってしまうので、低カロリーで栄養価の高い食事を心掛ける必要があります。普段の生活では、朝型の規則正しい生活を心掛けて、過度なストレスを溜めないことも大事です。逆流性食道炎が疑われる場合は、早めに胃腸科を受診して薬を続ける必要がありますが、なかなか改善しない場合は外科手術による治療も受けられます。現代は腹腔鏡手術による治療が可能になっており、以前に比べると、体に負担の少ない治療が可能になっています。

Copyright © 2017 苦しみから逃れたいなら逆流性食道炎を改善しよう All Rights Reserved.