苦しみから逃れたいなら逆流性食道炎を改善しよう

逆流性食道炎の改善方法

ナース

逆流性食道炎の検査

逆流性食道炎とは、何らかの原因によって胃酸が食道に逆流することで、食道の粘膜が炎症を起こしてしまうことで生じます。胃の粘膜は胃酸に対して粘膜を保護する物質を出しますが、食道の粘膜は胃酸に対して無防備のため、胃酸が逆流し続けることで食道粘膜がボロボロになってしまうのです。従来は中年以降に発症しやすい病気とされてきましたが、最近では20〜30歳代の若い世代にも起こるケースが増えています。逆流性食道炎を改善するためには、早期の検査が大切です。早いうちに医療機関で検査を行い、治療することで逆流性食道炎を改善することが可能です。逆流性食道炎は、放っておくと重症化し、食道がんの原因になる可能性があります。重症化する前に症状を改善することが大切です。逆流性食道炎の検査には、3つの方法があります。一つ目は、内視鏡検査です。胃カメラを使って画像診断を行います。最近では麻酔を使用することで、胃カメラの苦しさを軽減して検査を行うことができるようになっています。二つ目は、PPIテストです。プロトンポンプ阻害薬という薬剤を7日間服用し、効果が逆流性食道炎の改善がみられるかを調べます。三つめは、24時間pHモニタリング検査です。鼻から管を胃まで挿入し、食道に逆流した胃酸がどれくらいあるかを調べる方法です。逆流性食道炎は早期治療を行うことで改善がみられる疾患です。逆流性食道炎に心当たりのある方は、早めに医療機関で検査を受けることが大切です。

Copyright © 2017 苦しみから逃れたいなら逆流性食道炎を改善しよう All Rights Reserved.