苦しみから逃れたいなら逆流性食道炎を改善しよう

不快症状をしっかり治療

ハート

胸焼け夜胃もたれなどといった不快な症状があると、逆流性食道炎の可能性があります。これは胃液などが食堂や口などに逆流してきて、食道の粘膜を傷つけて炎症を起こすという病気の一つです。逆流性食道炎は病院で治療を行うことができます。まず病院で診断されて指導されるのが、生活習慣を改善させていくという方法です。毎日の食事の中で出来る限り胸焼けなどといった症状を強めてしまう食品を摂取しないようにアドバイスされます。また、食後1時間程度は横にならないようにすると言う対策も指導されます。食事の食べ過ぎや肥満なども症状を悪化させる原因になるので、予防のために日常生活での過ごし方を改善させるようにします。そして薬物療法が行われます。逆流性食道炎の直接の治療というより、症状に対して軽減させるといった方法が主な目的です。胃酸の分泌を抑える薬剤や、胃や食堂などといった消化器の運動をサポートして取り入れた食べ物が腸へとスムーズに流れていくようにします。これで胸焼けやゲップなどといった症状が改善します。このような方法でも改善しない場合には手術が適応されます。手術によって胃の位置を正常に戻し、食道が変形していれば元の形に戻すといった治療方法です。また逆流をしないように働いていた部位が壊れていれば、元のように整形して完全に逆流するのを抑えます。このように大きく分けて3つの方法で逆流性食道炎の治療が行われます。治療方法は患者の希望や病気の進行度に合わせて、医師と相談して決定することができます。

生活習慣や食生活を改善

婦人

急に吐き気を催したり、胸やけのような症状に悩まされている場合は逆流性食道炎の可能性があります。できるだけ早い内に胃腸科に相談するようにしましょう。症状を改善することができます。

もっと見る

放置しておくことは危険

ドクターとナース

逆流性食道炎の改善を行う場合は、軽度な症状であっても見逃すことなく早目に医師に相談を行うようにすることです。症状が悪化した場合は、食道がんになる可能性もありますので、おかしいと感じたときには自分で判断をすることのないようにしましょう。

もっと見る

逆流性食道炎の改善方法

ナース

逆流性食道炎は胃酸が食道に逆流して生じます。逆流性食道炎を改善するためには早めに検査を受けることが大切です。病院での検査には内視鏡検査、PPIテスト、24時間pHモニタリング検査があります。早期治療をすることで、重症化を防ぐことができます。

もっと見る

Copyright © 2017 苦しみから逃れたいなら逆流性食道炎を改善しよう All Rights Reserved.